小児歯科

チームで、お子さまの歯を見守ります

専門資格のある歯科医が、お子さまの歯を見守ります

お子さまに不安感などを与えず、楽しいところだと思っていただくためには、まず、治療に当たる歯科医をはじめとするスタッフが患者であるお子さまと上手にコミュニケーションがとれることが大切です。 お子さまの治療について豊富な経験や知識を共有して治療に当たっています。保護者の方にも小児特有の歯や治療、ケアについてきちんと理解していただけるよう、細かいアドバイスを行います。 また、院長以下、当院のスタッフは全員子ども好きで、お子さまの対応にも経験を重ねています。治療に慣れないお子さまや、泣いてしまうお子さまなどの対応には自信がありますし、保護者の方の助けになると自負しています。 歯の治療に不安を感じるお子さま、そして保護者の方に、親身になって対応します。当院のスタッフとともに、治療に取り組みましょう。心配なこと、疑問の点は、何でもご相談ください。

「また行きたい!」と思える歯医者さんを目指して

「また行きたい!」と思える歯医者さんを目指して

「歯医者さんが好き」「また行きたい!」と思ってもらえるような当院の努力は、まず「痛みの少ない治療」を行っている点にあります。できるだけ痛みの少ない治療を心がけ、しかも必要以上の治療をしないこと。そうすれば、お子さまも受け入れてくれるはずです。「よくがんばったね」「えらいね」といってほめてあげることで、お子さまも治療を受け入れ、やる気がアップ。「また行きたい!」と思ってもらえるでしょう。 楽しい歯医者さんの要素は、当院の環境にもあります。明るい待合室の一角に、キッズスペースを併設。おもちゃや絵本を備え、お子さまが待ち時間に遊んで過ごすことができます。ここには保育士も常駐し、無料でお子さまをお預かりしたり、お子さまが緊張しないで治療に向かえるようお手伝いしたりすることで、保護者の方への助けにもなっています。

幼少期のむし歯予防について

当院では、早い段階から、お子さまの口腔ケアについて、資料なども用いて指導しています。ちゃんと食べられるお口やあごの発達に関係することだけでなく、鼻呼吸の仕方、授乳の仕方、離乳食の与え方なども実はお口の発達に関係しているのです。
しかも、乳歯や生えたての永久歯はむし歯になりやすいので、日常的なケアがとても重要です。フッ素塗布やおやつの時間など、食習慣の見直しを含むステップアップした予防法をご紹介しています。

仕上げ磨き

離乳食を食べるようになったら、歯みがき習慣もスタートさせましょう。しかし、お子さま自身だけではしっかり歯みがきできません。その場合は、親御さまによる仕上げ磨きを必ず行ってください。

フッ素塗布

歯を強くする働きのあるフッ素を歯の表面に塗っていきます。初期の段階ならフッ素が歯のエナメル質を再石灰化して、むし歯の進行を止めることができます。フッ素塗布で歯を強くして、むし歯菌から歯を守りましょう。フッ素塗布後30分は、うがい、飲食はできません。さらに、日常的なケアは続けてください。

シーラント

磨き残しなどにより、奥歯の溝はむし歯になりやすい場所。そこで、その溝にレジン(歯科用プラスチック)などを事前に詰めて予防します。フッ素入りのレジンなら予防効果も大きく見込めます。生えてから2年間ぐらいまでの永久歯は未熟なので、溝が深く、むし歯になるリスクが高いですが、その時期をこれでカバーすることができます。

治療の流れ

1お口の検査

お口の検査

お口の中をチェックし、歯や歯ぐきの状態を確認します。痛みのある検査はありません。必要に応じて、レントゲン撮影を行います。

2治療計画の説明

治療計画の説明

検査の結果、お子さまのお口の中の状況、そして治療計画をご説明します。

3治療に向けてのサポート

当院では、嫌がるお子さまを押さえつけて治療するといったことはありません。そのため、お子さまが当院の環境に慣れ、ご自身で納得して治療を受け入れられるようになるまで、数回の通院を必要とする場合があります。

4治療スタート

治療スタート

お子さまが治療に納得したら、いよいよ治療を開始します。できるだけ痛みのない、短時間で終わるような治療を心がけます。

5アドバイス

アドバイス

治療後にむし歯ができないよう、お子さまには正しい歯みがきの練習をしていただきます。保護者の方には、食生活や日常のケアについてアドバイスします。

6再発予防

再発予防

治療後の状態を守るために、定期検診や歯のクリーニングをおすすめします。

小児歯科のよくある質問

Q.小児歯科は何歳ぐらいから何歳ぐらいまで?その後は?

Q
医者のアイコン素材

乳歯が生えてからが小児歯科で、すべての歯が永久歯に生え替わったときが境目で、だいたい8歳ぐらいですが、それからが一般歯科になります。当院では、小児歯科から一般歯科まで通して担当医が診療しますので、ずっと見守れる点がメリットです。

院長よりメッセージ

院長よりメッセージ

将来、大人になったときに歯がすべて揃っていて、健やかな生活を送るためには、歯が生えはじめた赤ちゃんのときから励むべき大切なことがあります。それは、子どものうちから自分で自分の歯を守る習慣を身に付けること。小児歯科の時代から、大人になって歯を守る訓練は始まっているのです。 一般歯科になったら自分で歯みがきできるようになるために、その前の乳歯のときから親御さまが手助けをして、きちんとしたケアを習慣づけましょう。そして、定期的に歯医者さんに通って検診やメンテナンスを受け、自分で歯を守っていく方法を学ぶことで、大きなトラブルのないお口で人生を送ることができるのです。

ご予約・お問い合わせは
こちらから

ご自身の症状についてのご相談や当院の治療方針・治療案内についてわからない点がございましたら、柏クレイン歯科にお気軽にご相談ください。